建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

不整地での資材運搬に威力を発揮する油圧ショベル用フォークリフト「フォークマン」ご成約

2018年11月4日
北海道札幌市内のお客様より「フォークマン」をご成約頂きました。
この度のご成約誠にありがとうございます。

<油圧ショベル用フォークリフト「フォークマン」>
0.2m3クラス 重量:245kg 作業重量:2500kg


このアタッチメントの活用方法はとてもシンプルです。
不整地で主に活躍するショベルに本機を取り付けることで場所を選ばずにフォークリフトとして活用出来ることです。

現代におけるフォークリフトは基本的には整地での作業を前提に開発されております。
舗装された整地での作業能力やパフォーマンスは非常に高く、様々な機器が搭載される昨今においてはフォークリフト本体の価格も下がることは期待できません。

さらに不整地での走行には適しておらず荒地での作業は重量バランスを崩し横転などの危険が伴います。

では不整地作業/走行を得意とするショベルではどうでしょうか。
ショベルが活躍する現場は主に不整地となり、災害現場など環境は様々です。

そのような場所では資材の運搬などが必要不可欠であり、ショベルのバケットに物を詰め込んだり載せたりする運搬方法は現実的ではありません。

そのような環境下で活躍するのが「フォークマン」です。
ショベルの先端をフォークリフト構造とすることで不整地での資材運搬などの作業を容易にします。

弊社で販売する「フォークマン」は、0.2m3クラス〜1.2m3クラスまで対応できるようラインナップを取り揃えております。
また、フォークはオプションリーチのご利用で最大1800mmまで対応可能です。

<フォークの幅調節>
〇シルバーの爪を上げロック解除
〇フォークレール(フィンガーバー)にそって手動で移動
〇シルバーの爪を下げロック



「フォークマン」の不得手な部分をあえて申し上げますと通常のフォークリフトに比べてバックレストの高さが低い為、パレットなどに高積みされた状態での移動は苦手です。

しかし、不整地の環境下ではバックレストを高くしても不安定さが解消されるものではありませんから作業能力でのご心配は無用と判断いたします。

お見積りお問い合わせは弊社までお気軽にお問合せくださいませ。
お客様の作業環境に適したご案内をさせていただきます。








建機開発/販売 よくある質問一覧