建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

第7回 大雪山トレイルジャーニー70km「Mt.TAISETSU Trail Journey」 北海道の山を駆け抜ける 〜前編〜

2019年7月23日
山を駆け巡る70㎞ 制限時間13時間の挑戦

今年、第7回目を迎え大会名を「大雪山ウルトラトレイル」から「Mt.TAISETSU Trail Journey」に変更されました。昨年もエントリーしていたもののみちのく津軽ジャーニー188kmに出場した翌週とあって、足の回復が遅れて走れる状況でなかったためDNS(Did Not Start (欠場)) 。今年はそのリベンジとして最長種目の距離70kmに挑みます。

大雪山連峰の北側に位置する標高1,771mの「ひらやま」から標高1,561mの「天狗岳」を繋ぐ縦走ルートはコマクサをはじめとする多数の高山植物の花畑が広がり、360度のパノラマが開け、トムラウシをはじめとし黒岳、旭岳と大雪山の主峰が一望できる素晴らしいコースとなっていてとても楽しみです。

先週のみちのく津軽263kmの激走から2週間後のスタートで脚の疲労回復にはまだまだかかりそうですが、この状態でどこまで攻めることができるのか。来年には山を走るトレイルで100km以上で累積標高5,000m以上の大会に挑戦する予定です。


【コース図】



【標高図】



【大会要項】

大会名 : 第7回 大雪山トレイルジャーニー
開催日 : 2019年7月28日(日)
主催 : 大雪山ウルトラトレイル実行委員会
後援 : 遠軽町、一般社団法人えんがる町観光協会、北海道新聞北見支社

■競技部門 : 70km
制限時間 : 13時間 
スタート : 2019年7月28日(日)5:00 白滝高原キャンプ場
ゴール : 2019年7月28日(日)18:00 白滝高原キャンプ場
出場者数 : 300人

コース上にはSP19.5km、SP40.0km、SP53kmに水と食料補が可能でこれを考慮した上で、個人の判断により水と食料を持ち走ります。
山中でのリタイヤとなった場合は自力で救護ポイントまで戻らなければならないためその判断力も必要となります。


今回は事前の累積標高の記載が無いのと毎年、距離やコースが異なっているため検討がつかないが、おおよそ9時間位でしょうか。総合20位内を目指してがんばります。

「大きな山に登った後にだけ、人はさらに登るべきたくさんの山があることを見出す。」


第7回 大雪山トレイルジャーニー70km「Mt.TAISETSU Trail Journey」 北海道の山を駆け抜ける 〜後編〜