NEEDSBOX VanLife 4型ハイエース標準ボディS-GL4WD

NEEDSBOX VanLife in TOYOTA GAZOO Racing PARK








2017年9月10日福島県福島市 あずま総合運動公園 にて開催されました
TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)in 復興福島
福島トヨペットブースに展示された「NEEDSBOX VanLife」




















「NEEDSBOX VanLife」は外観、足回り、内装だけじゃなく、制裁方法や展示方法のコンセプトに沢山のお客様に高評価を頂きました!
沢山のご来場有難う御座いました。

2017年9月16日・17日 福島県郡山市ビックパレットふくしま にて開催される「ハイエースフェア2017」にも「NEEDSBOX VanLife」を展示しますので是非ご来場してご覧ください。

>>「ハイエースフェア2017 in ビックパレットふくしま」 の開催詳細はこちら

>>TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)in 復興福島 イベントレポートはこちら

「TOYOTA GAZOO Racing PARK in 復興福島」へ向けて出航!

TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)in 復興福島 イベントレポート


2017年9月10日福島県福島市 あずま総合運動公園 にて開催される「TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)in 復興福島」へNEEDSBOX VanLife展示へ向けて太平洋フェリー「きたかみ」にて仙台港へ向けて出航!




客室はカプセルホテル風のA寝台
BSデジタル放送受信テレビ、読書灯、なども完備されていてプライバシーも守られて快適なのですが、少し空気が乾燥しているので注意!?


仙台港に到着後に高速道路で福島市へ向かい…
「福島トヨペット 太平寺店」に到着!


季節的にそれほど虫だらけにはならなかったのですが「インセクトリムーバー(虫取り)」を使って水洗い!
ボディやガラスなど虫が付いた部分を軽く水で洗い流し、虫が付いた部分にスプレーして2〜3分待ってから洗車機を使って水で洗い流います。
※「インセクトリムーバー(虫取り)」は虫の成分(タンパク質)だけを分解して、ワックスやコーティングの成分は分解しないので、ボディコーティングを痛めることが有りません。




ダブルダイヤキーパー(ボディコーティング)施工済みなので「インセクトリムーバー(虫取り)+水洗い」でピカピカに!
「TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)in 復興福島」が開催される、あずま総合運動公園に搬入!

TOYOTA GAZOO Racing PARK NEEDSBOX VanLife 展示決定!


2017年9月10日福島県福島市 あずま総合運動公園 にて開催される
TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)
in TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ2017 第9戦 福島


東京オートサロン2017出展車両 200系ハイエースS-GL4WD
NEEDSBOX VanLife の展示が決定しました!

沢山のご来場をお待ちしています。


>>「TOYOTA GAZOO Racing PARK(TGRP)」の開催詳細はこちら

200系ハイエースボディリフト NEEDSBOX VanLife 燃費測定








「ボディリフトをしたら燃費が悪くなりますか?」
との多数のご質問を頂いているので、2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催された「シマノ・バイカーズフェスティバル2017」への移動や、その他打ち合わせ等移動で走行したした燃費を測定しましたので報告します。

NEEDSBOX VanLife SPEC

ベース車名
TOYOTA | ハイエース 標準ボディ S-GL 4WD
ベース車型式
KDH206V
ベース車年式
2017
型式
1KD-FTV
排気量
3000 cc
出力
143 ps ( 105.2 kw ) / 3400 rpm
トルク
300 Nm ( 30.6 kg ) / 1200 rpm
※ボディリフト以外は基本的にフルノーマル

NEEDSBOX VanLife 装着タイヤ

BFGoodrich Mud-Terrain T/A KM2 LT225/75R16

ハイエース純正サイズが
タイヤサイズ:195/80R15
タイヤ外径:693mm

NEEDSBOX VanLife装着サイズが
タイヤサイズ:LT225/75R16
タイヤ外径:750mm

純正タイヤと外径の差が約1.083倍違うのでメーター時速100kmで走行した場合時速約108kmで走行していることになります。
※外径が 約1.083倍 として()内は走行距離を計算して燃費計算します。

マルチインフォメーションディスプレイ「平均燃費」と実際に給油して痩躯距離と給油量を計算した場合を比べてみます。
純正の燃費計の仕組みは、スキッドコントロールコンピュータから送信される走行距離の累積、それとエンジンコントロールコンピュータから送信される燃料噴射量の累積。この2つの信号を使って平均燃費を算出されています。

※「平均燃費」は給油時に毎回リセットしています。




給油量 49.0L 走行距離 434.0km(470.0km) = 燃費9.59km/L
メーター平均燃費 9.0km/L

■走行状況
・高速道路走行がメイン
・高速道路にて20kmの渋滞に遭遇
・ECO走行を気にせずアクセルワーク




給油量 46.4L 走行距離 375.5km(406.6km) = 燃費8.76km/L
メーター平均燃費 8.7km/L

■走行状況
・一般道走行と高速道路走行が半分位
・一般道峠越え多数
・イベント出展にてアイドリング時間長




給油量 36.0L 走行距離 347.2km(376.0km) = 燃費10.44km/L
メーター平均燃費 10.1km/L

■走行状況
・高速道路走行がメイン
・高速道路にて渋滞多々遭遇
・オートクルーズコントロールを使用
・ECO走行を気にしたアクセルワーク(特に発進時)
・タイヤ空気圧変更




給油量 49.0L 走行距離 452.9km(490.4km) = 燃費10.00km/L
メーター平均燃費 9.6km/L

■走行状況
・高速道路走行がメイン
・高速道路にて渋滞多々遭遇
・オートクルーズコントロールを使用
・ECO走行を気にしたアクセルワーク(特に発進時)
・フェリー乗船待ち等でアイドリング時間長


NEEDSBOX VanLife 燃費測定 総合
総走行距離 1743.0km
総給油量 180.4L
平均燃費 9.66km/L


オートクルーズコントロールを使用して、発進時のアクセルを軽く踏み込む(ECO走行)と燃費が上がるのが体感できました。タイヤの空気圧も変更しましたが、それが燃費向上に繋がったかは不明で今後も測定していきます。
タイヤの太さも純正と比べると3cm太くなり、ホイールとタイヤの重量も重くなるので純正タイヤより燃費は落ちるのは避けられませんが、発進時等のECO走行を心がけて走行すると比較的良好な燃費に繋がりました。
次回はオールテレーンでも燃費測定をしてみたいと思います。
※給油スタンドも違い、走行距離もメーター計測なので、正確な燃費測定ではありません。
 あくまでも参考値としてご理解ください。

More Trail. More FUN. More VanLife.






シマノ・バイカーズフェスティバル2017最終日は昨晩から降り続いた雨でコースコンディションも最悪の状況でしたが…
















マウンテンバイカーは熱い!!












国内最大級のMTBイベント「シマノ・バイカーズフェスティバル」では、沢山の関係者の皆様、マウンテンバイカーの皆様、とお話しさせて頂き勉強になりました。
More Trail. More FUN. More VanLife.
色々なご意見をフィードバックをして、今までたどり着けなかった「場所、景色、目的、目標、楽しみ、遊び、夢」への到達に向けて挑戦している方をサポートする「Transporter」を創っていきます。
スペシャライズドスタッフの皆様、2日間ありがとうございました!

2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催された
>>シマノ・バイカーズフェスティバル2017 イベントレポートはこちら

NEEDSBOX VanLifeベッドシステムにBIGマネキン2名収納!?就寝!?


スペシャライズド新型Epic発表会で大活躍のマネキン2名


初日が終了した時点で夜の天候が不安でしたので、NEEDSBOX VanLifeのベッドに翌日の朝まで収納!?就寝!?
マネキンのサイズが大きかったのですが2名を就寝させることができました(笑)


通常はこのように1名でゆっくり就寝するベッドシステムの設計です。


左のシートを倒してベッドマットを追加するとマネキン(大人)2〜3名が収納(就寝)可能です。

2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催された
>>シマノ・バイカーズフェスティバル2017 イベントレポートはこちら

シマノ・バイカーズフェスティバル SPECIALIZEDブース


シマノ・バイカーズフェスティバル2017初日AM5:30エントリー受付


すでに駐車場には沢山のマウンテンバイカーの皆様が集まっています。
車中泊(キャンプ)がOKの駐車場スペースだったので前日の夜から入って車中泊をしてた方が多数。
レース前夜に仲間でBBQをしたり楽しそうな時間ですね。




SPECIALIZEDブース&NEEDSBOX VanLifeも準備完了!
















SPECIALIZEDブースには沢山のマウンテンバイカーの皆様に来て頂きました!

2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催された
>>シマノ・バイカーズフェスティバル2017 イベントレポートはこちら

洗車オススメアイティム「インセクトリムーバー(虫取り)」

2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催された
>>シマノ・バイカーズフェスティバル2017 イベントレポート


「シマノ・バイカーズフェスティバル2017」が開催される 富士見パノラマリゾートへ搬入前に洗車する為に、ガソリンスタンドを数件回りましたが、ドライブスルー洗車ばかりでコイン洗車が無く諦めかけて走っていたらコイン洗車場を偶然発見!
最近ドライブスルー洗車ばかりでコイン洗車場を探すのに苦労します…。


札幌→苫小牧→仙台→静岡→長野と長距離走行をしてきたのでハイエースは虫だらけ…。
そんな時に弊社で使っているのが、Keeper LABO by快洗隊 も実際に使っている
インセクトリムーバー(虫取り)




使い方も簡単!
バケツに水を汲んで、ボディやガラスなど虫が付いた部分を軽く水で洗い流し、虫が付いた部分にスプレーして2〜3分待ってから洗車機を使って水で洗い流います。
※もしも…汚れが取れにくい場合はスプレーし、スポンジなどで洗い、水で洗い流す。

「インセクトリムーバー(虫取り)」は虫の成分(タンパク質)だけを分解して、ワックスやコーティングの成分は分解しないので、ボディコーティングを痛めることが有りません。




NEEDSBOX VanLifeはダブルダイヤキーパー ボディコーティング施工済み
スポンジ等は使わず水洗いのみで洗車しました。




ダブルダイヤキーパーコーティングは虫や汚れが簡単に落ちて手入れが簡単です。

「インセクトリムーバー(虫取り)」+「キーパークロス(タオル)」は店頭にて販売していますのでお気軽にご相談してください。

シマノ・バイカーズ2017「NEEDSBOX VanLife」展示が決定!

top_1b
2017年7月29日(土)・30日 (日)に長野県 富士見パノラマリゾートで開催される
シマノ・バイカーズフェスティバル2017

IMG_5625 (2)
スペシャライズドブースに「NEEDSBOX VanLife」の展示が決定ました!
200系ハイエース標準ボディS-GL4WD NEEDSBOX VanLife には話題の電動アシストMTB SPECIALIZED S-Works Turbo Levo FSR 6Fattieを積載して展示します。

沢山のマウンテンバイカーの皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

オールトヨタモーターショー 沢山のご来場ありがとうございました!

2017年7月15日、16日、旭川大雪アリーナで開催された
旭川地区 オールトヨタモーターショー THE FUN! 2017

IMG_0165
トヨペットブースに 200系ハイエース標準ボディS-GL4WD NEEDSBOX VanLife が展示されました。

IMG_0427

IMG_0304

IMG_0308

IMG_0317

IMG_0409

IMG_0432
沢山のお客様に「NEEDSBOX VanLife」コンセプトを見て頂きました。
猛暑からの豪雨と悪天候の中、沢山のご来場ありがとうございました!

>>旭川地区 オールトヨタモーターショー THE FUN! 2017 情報一覧はこちら

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら