関東圏/関東地方 埼玉県の自転車屋 スポーツバイク専門店/プロショップ 初心者や女性も気軽に楽しめるオリジナルイベント・ライドツアー・試乗会も開催!

ポジション理論 BG-FIT S様行いました。

2017年7月24日
暑い日が続きますねー
ハイボール好きの私。
 ハイボールを好きになったのはこのハイボールを飲んだからです。
竹鶴12年のハイボールが私の中では最高傑作だと思っております(あくまでも本人の感覚です)
DSC_0037
残念ながら今では入手が難しくなってしまいました…

さて、先日BG-FITを行ないました。
当店のBG-FITは平日の午前中のみ完全予約制ですが、コンスタントに予約いただいております
ありがとうございます。
 BG-FITの受けたのはピナレロ乗りのSさん。

内容は、やや長い距離を走るとヒザに痛みを感じてしまう、ダンシングすると痛くなる。
いままでこのようなフィッティングをしたことがないとのことで、今回、申し込みいただきました。
 サイクリング歴を伺ったら、14年とのこと。ただレース等ではなくロードを楽しんでいるとのこと。
 まずは体のアセスメントから始まるのですが、そこから気なる点が。

左足の外側の傾きが強いのがわかりますでしょうか。
 後ろから
  
DSC_0039
前から
 ↓
DSC_0038


そして体の柔軟性、股関節等柔軟性を計測します。
柔軟性については問題なしです。
 ただ一点気になる点が、わかりますでしょうか?
DSC_0043
左右で脚長差があるようです。伺ってみると昔、太もも部分を骨折してボルトを入れていたとのこと。この骨折がこの脚長差を生み出しているかもしれません。
 クリート位置の見直しです。こちらも気なる点が…このクリート位置がダンシングしたときの、ヒザの痛みに繋がる可能性を感じました。
ここも大きく見直しさせていただきました。

そして体のアセスメントが終わったところで、実際にローラー台に跨ってもらって
ペダリングしてもらいます。
 なにか?ペダリングがぎこちない。
後ろから見ると。
DSC_1031
 完全にサドルのセンターからずれて漕いでいます。
ただ本人はセンターに乗っていると感じているとのこと。
後ろから撮った写真を見せるとびっくりした感じです。
あえて今の状態でセンターに乗せて漕いでもらうと違和感があると。
 いろいろ試行錯誤して
だんだん…
DSC_1032
センターに近づいてきました。
DSC_1034
最終的に違和感なく普通に漕いだ状態でここまでセンターにもって来れました。
そして、非常に回しやすくなり自然とケイデンスがあがっていました。
自分の写っている画像をみてもらい本人も納得です。
 当然ペダリングがぎこちないのも解決です。

そして上半身です。
 こちらも、どうも上半身がぎこちない見ているとハンドルの位置が落ちつかない感じです、体のアセスメントですとややアグレッシブなポジションでも問題なさそうなので。
いまの現ポジションよりアグレッシブなポジションを提案しました。
DSC_1035
すると力が入るようになり、持つところが決まりポジションが安定したようで、Sさんもこの方がいいとのことで今回はこのポジションで提案させていただきました。
 
Sさんその後どうでしょうか?
また気なる点がありましたら、またご相談くださいませ^^