ハイエース・キャラバンやミニバン・軽自動車などトランポ専門店 車中泊/車内泊 ベッドキット

日産自動車の国内車両工場での完成検査工程における不適切な取扱いの再発について

2017年10月20日


2017年10月19日

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は9月18日の国土交通省による日産車体湘南工場への立入検査で指摘された完成検査工程の不適切な取扱いについて、9月20日までに再発防止策を講じましたが、その後も当社国内工場(追浜工場、栃木工場、日産自動車九州)で完成検査員に任命されていない作業員によって完成検査の一部が行われていたことが10月18日までに分かりました。これは、第三者を中心とするチームによる調査の過程および社内調査において判明したものです。

これに伴い、弊社および日産車体を含む全6工場で生産している国内市場向けの全車両について、完成検査業務・車両出荷・車両登録の停止を本日までに決定しました。

お客さま及び関係者の皆さまに多大なご迷惑とご心配をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。


<判明した事>
一部の完成検査を、商品性検査やオフライン検査など完成検査工程以外の工程で実施していた。
その結果、完成検査員に任命されていない作業員が完成検査に従事していた。


<今後の対応>
上記の完成検査工程の是正および在庫車(未登録車)ならびに既登録車の対応については、以下の通り実施することと致します。


<完成検査工程の是正>
完成検査ラインの編成を届け出状態に戻し、完成検査を実施する。
完成検査ラインを集約し、完成検査員以外は立ち入れない対策を検討、実施する


<在庫車(未登録車)および既登録車の対応>
在庫車:全国の日産販売会社の指定工場での再点検を検討
既登録車:リコール届け出を検討中
対象台数:約34,000台(精査中)(2017年9月20日〜2017年10月18日製造)


9月20日までに是正措置を実施したにも関わらず、日産車体湘南工場における完成検査工程における不適切な取扱いに続き、再度、日産自動車の3工場で完成検査員に任命されていない作業員が完成検査工程に従事したことは大変重大な事態として受け止めております。

なお、上記の件を含めた、完成検査工程の不適切な取扱いに関する原因究明および再発防止策の策定については、第三者を中心とするチームによる調査を引き続き、急ぎ進めてまいります。本件については、後日発表予定の最終報告にて詳細を記載する予定です。

以 上

日産自動車株式会社ニュースリリース参照