ハイエース・キャラバンやミニバン・軽自動車などトランポ専門店 車中泊/車内泊 ベッドキット

バイク2台の積載からバイクを載せたまま車中泊のできるトランポ

2019年5月30日
200系ハイエースDXスーパーロングワイドボディハイルーフ:オフロードバイク

フルサイズのオフロードバイクYZ250やXR,セローを積載したり、大型バイクを載せてツーリングに出かけていただくこともできる車輌に仕上げました!そのため、バイクを固定するフックは多めに設置されています。


車内の床にはデコボコを無くすSH床貼り加工を施し、平らな床面に仕上げています。
フラットな床をそのまま活かせるように、キジマから発売されているワンタッチレールは床面を切り抜いて床の中に埋め込みました。これで積載するバイクの邪魔をすることなくバイクを固定していただけます。


ベッドに採用したESフリップベッドは、フレームの土台を使用しているため車内スペースを広く使っていただけます。バイクの積載をする時も安心です。また、片側のベッドを跳ね上げてしまってもバイクを片側に積載して車中泊もできるため、遠方への旅行も安心です。


フロントシートは純正のシートをそのまま活かし、オグショーオリジナルのESシートカバーを被せています。カラーリングは標準設定している2色、ブラックレザーとブラックモケットを使い純正のシートらしくない高級感のある見た目に仕上がっています。

なお、お客様自身でESコンソールボックスを取り付けられています。


セカンドシートには、DXの物ではなく上位グレードのS-GL用シートを取り付けています。


シートの後ろには、S-GLシートに取り付けることができる、ESシートバックパネルを取り付けています。これで、シートが汚れてしまうことがなく、お手入れも簡単です。


フロントシートの後ろに装備されたボックスの中には、サブバッテリーが設置されています。この箇所にバッテリーを装備したことで、荷室スペースに余計な場所を作ることなく広くスペースを活用していただけます!

このサブバッテリーを使って、エンジンを切った状態で、バックドアに装備したベンチレーターを動かしていただけます。これにより、気になるガソリンの匂いを少しずつ車外に排出してくれます。


フロントシートのAピラーには、1BOX NETWORK製のAピラースピーカーを取り付け、音を楽しみながらドライブをしていただけます。


車内の荷室スペースには、ESウィンドウパネルESフリップテーブルを装着し、天井のサイドにはESフリップトレーを3個装着しています。
積載できるトレーを使ってバイク用品の積載や車内で過ごす際に使うカセットコンロや食器を載せておくことで、出かける際に荷物の載せ下ろしが少なく出かけるのもスマートです。