200系ハイエースカスタム、キャンピングカーの製造・販売、福祉車両・移動販売車・特殊用途車・トランスポーター・オーダーメイドキャンパー、各種パーツ販売・取り付け etc...

200系ハイエースワイドS-GLをキャンピングカーへ架装・登録

2016年12月11日
200系ハイエースのワイドS-GLを架装してキャンピングカーにしました。

IMG_2957_20160930111022 - コピー
■ベース車両
今回は200系ハイエースのワイドS-GLです。ご存じのかたも多いと思いますがキャンピングカーは決められた箇所の車内高が1600㎜以上必要で、ストックの状態でその条件を満たせるのがハイルーフでミドルルーフでは寸法が足りません。当然そのままではキャンピングカーとして登録出来ないのでご紹介の車両では床を加工してその条件をクリアしました。


IMG_2982_20160930111745 - コピー
■内装
レイアウトは2列目、3列目に前向きシート(ファスプ)を使用して、その後方にキャンピング設備となる「ギャレー」「調理台(調理器具)」を配置しました。


IMG_2987 - コピー
■内装
ファスプシートは前後に座面が可動するので、テーブルを取付すればダイニングとして使えるレイアウトも可能です。


IMG_2990 - コピー
■シンク
現在はキャンピングカー登録するために必須となっているシンク、給排水タンクですが実用性よりもキャンピングカーとしての要件をクリアすることを優先しているので小さなシンクを使いました。

ベース車両と比較すると「架装のコストがかかる」デメリットもありますが「高速道路の料金が普通車」「車検が2年毎」「乗車定員が増やせる」といったメリットもある架装ですが、両側スライドドアの使い勝手を重視して検討される方もいらっしゃいます。