建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

ハンマーナイフモア用替刃「スタンダード」「スーパー」の違いと判別

2021年8月17日
受注枚数が年を追うごとに増加しているハンマーナイフモア用替刃は潤沢に在庫をしております。



当社ではスタンダード(黒刃)とスーパー(ピンク刃)の2種類を販売しています。
スーパー(ピンク刃)は先端に特殊加工を加える事でより耐摩耗性を向上させた刃となり、スタンダード(黒刃)よりも少し価格が高い物となっております。
この2種類の違いについてお客様からご質問をいただく事も多いのですが、よくお話しするのが

「スーパー=良品、スタンダード=劣化版ではない」という事です。

耐摩耗性だけでお話しをすると確かにスーパー(ピンク刃)の方が良品となりますが、石の多い現場で使う事が多い時はスタンダード(黒刃)の方が経済的のため結果良品となります。

では石の多い現場、少ない現場ではどのように判別すると良いのか?という次なる疑問が起こります。
こちらの答えは以下の写真のようになります。


※替え刃の種類は異なります。

左が先端曲がり部分の断裂、飛び。右が断裂なし摩耗という状況です。
石の多い場所での草刈刃は左のような状態になりやすいためスタンダード(黒刃)の方が価格が安いためおすすめ。
石の少ない場所での草刈刃は右のような状態になりやすいためスーパー(ピンク刃)の方が減りにくくおすすめ。

当社ではお客様に最適なご提案をできるようにしております。
替刃をお探しの方はお気軽にご相談ください。





建機・農機部品販売 よくある質問一覧