ハイエース・キャラバンやミニバン・軽自動車などトランポ専門店 車中泊/車内泊 ベッドキット

夏・冬どちらのアウトドアも快適に楽しめる!200系ハイエース

2022年8月26日
200系ハイエースDX GLパッケージスーパーロングワイドボディハイルーフ
8ナンバー/4名定員/3人就寝:サーフィン・サップ・スノーボード・車中泊仕様



静岡県牧之原市鹿島ビーチのそばに自然が好きな人達が集まる宿「Pagurus Nature&Camp 鹿島」のオーナー様。オグショーで2台目となるトランスポーター施工のご依頼をいただきました!

夏はサーフィンやサップ、冬にはスノーボードなどアウトドアを楽しまれているオーナー様なのでサーフボードやスノーボードなどの遊び装具が積載でき車中泊も行えるようカスタムしました。



サーフボードやスノーボードなど、水で濡れた荷物を積載するので床にはSH床貼り加工を行いました。床との間にはシーリング加工を施しているため、水で濡れてしまっても防水となっているので安心です。




運転席と助手席の間には特注制作したセンターコンソールを設置。
左右にBOXがあり携帯やティッシュなどなど小物類が収納できます。
クッションで張り上げた天板はアームレストとしても活用いただけます。





セカンドシートは純正のシートからSTシートへ交換しました。
今回は500幅のシートを2脚設置することでシートが左右で分割することができます。
片側だけ前にずらし長さのあるサップボードやロングボードなどが積載できます。




車内で車中泊できるように荷室にはFLベッドを設置しています。助手席側が跳ね上げ式となっていて分割されているベッドを取外せば1人ようのベッドとしても展開できます。




車内に取付けられている様々な家電製品がエンジンを切った状態でも使用できるようにSHサブバッテリーを搭載。車中泊時、メインバッテリーやエンジン音などをきにする必要はありません。




冬場の車中泊にかかせないのがFFヒーターになります。
季節や場所に合わせて温度を細かく調節できるので、スキー場の駐車場で車中白も安心です。



奥行わずか16cmの超薄型なクールスター製エアコンは車内で幅をとらずコンパクトです。6畳用に匹敵する十分なパワーがあるので、暑い真夏でも快適に過ごしていただけます。



退屈しがちな長距離移動や車中泊の夜などに活躍するのがフリップダウンモニターとスピーカーになります。一体感のあるサウンドで映画やテレビを楽しみ車内での生活が充実します。




1個から増設可能なLEDライト。今回は室内に合計14個増設しました。車内はもちろん、バックドアを開ければ車外も明るく照らされるので暗い時間でもストレスなく荷物の出し入れができます。




バックドア側の窓とスーパーロング車にある小窓にESウィンドパネルを装着。
パネルがあることで車内の目隠しにもなり、ボード積載時、窓にぶつけてしまっても傷から守ってくれます。




ハイルーフ車の天井空間を生かしてサーフボードなどが積載できるようにESサイドマルチパイプラックとESボードアタッチメントを取付けました。アタッチメントには固定用ゴムもあるのでバタつかず走行中も安心です。




8ナンバー登録に必須な設備であるギャレー設備をフロントシートすぐ後ろに設置した特注BOXに制作しました。できるだけコンパクトに収納できるよう設計されているので使用しない際は邪魔になりません。




ウィンドパネルが付いていない、スライドドアの窓とバックドア 、フロントシートのすぐ後ろにカーテンを取付けました。光りを通さず外からも中がわからないので、車内を明るくしてテレビをみていても周りには迷惑をかけません。

オーナー様が経営されている「Pagurus Nature&Camp 鹿島」は以前にも紹介していますのでぜひご覧ください!

7月21日オープン!自然が好きな人たちが集まる宿「Pagurus」