建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

S造/RC造/SRC造の解体に大割兼用鉄骨カッターMSF135J-Ⅱを納品

2020年11月28日
いつもお世話になっている専門解体工事業を営む東京都の地場大手のお客様より、油圧ショベル0.45m3(12tクラス)用のS構造、RC構造、SRC構造の解体で1台でコンクリートの大割から鉄骨切断、分別収集可能な「大割兼用鉄骨カッター MSF135J-Ⅱ」のご注文を頂き、納品させて頂きました。ご希望により特注で0.7m3(20tクラス)にも取り付け使用できるブラケットとしました。

低価格でありながら、ハイスペックシリンダー搭載した高い破砕力と、Hardoxハルドックス耐摩耗鋼板を使用した破砕刃で耐摩耗性が高いと人気のダブルシリンダー大割兼用鉄骨カッターは0.45m3(14t)クラス〜1.6m3(52t)クラスまで全5機種ご用意しております。

ワンランク上のシリンダーを搭載し圧砕力アップを図り、オプションの選択としていた増速バルブは標準装備としております。

大割・鉄骨カッター 0.45m3(14〜20t)クラス
MS(MSF)135J-Ⅱ 仕様表






弊社では販売する商品の品質、性能、販売価格は勿論のこと、導入戴いた後のメンテナンス費の削減に大きく貢献することを使命としています。「名の知れたメーカー製はいいが、ランニングコスト(部品代や整備代)が予想以上に高く付いているため協力してほしい。」とのお声を頂き、今では多くのご提案をさせて頂いております。

現在お持ちの、他メーカー製のもので古いものでも分解OHや純正部品の他にもOEM部品など代用部品の有無をお調べ致します。機械の下取りも行っております。

お気軽にご連絡下さい。


スウエーデン鋼やHARDOX(ハルドックス)耐摩耗鋼板とは?

スウエーデン鋼は耐摩耗性と衝撃性に優れた、スウエーデン キルナ鉱山原産の鉄鉱石から生産される鋼を言います。これを原材料としたHARDOX(ハルドックス)耐摩耗鋼板は、1974年に世界で初めて硬度と靭性(じん性)をあわせ持つ、極めて高い耐摩耗性鋼板として誕生し現在に至るまで世界をリードする耐摩耗鋼板としてのトップブランドです。
割れ、凹み、摩耗などにより生じる補修コストを低減し、耐用年数を2倍、3倍にし軽量化も可能となることから弊社でも耐摩耗性と軽量化を図るため商品により使用しています。

2020年、HARDOX(ハルドックス)は、HARDOX450、HARDOX500、HARDOX550、HARDOX600が生産されています。


【耐摩耗性の比較】

鋼 種 : 摩耗率 : 耐摩耗性
普通鋼 : 100% : 1.0倍 
45kg鋼 : 91% : 1.11倍
80kg鋼 : 88% : 1.14倍

HARDOX400 : 19% : 5.26倍
HARDOX450 : 13% : 7.89倍
HARDOX500 : 8% : 12.5倍
HARDOX550 : 5% : 20.0倍
HARDOX600 : 4% : 25.0倍





建機開発/販売 よくある質問一覧