建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

ウォークスケルトンバケットの日常点検やグリスアップについて

2021年8月11日
油圧駆動式ふるいバケット「ウォークスケルトンバケット」は販売当初よりお問い合わせ、ご注文が多いアタッチメントとなります。



ふるい目の変更やベースマシンの機械負担軽減、長寿命など多くの方から注目されています。

本日この機械の「日常的なメンナンス」についてご質問がありました。

この機械は機械内部に油圧モーターやシャフトが内蔵されています。
日常点検として行うのは、作動時の異音確認と摩耗による極端なガタつき、グリスアップとなります。
異音とガタつきは目視確認で概ね問題ありませんが、グリスアップについては定期的に行う必要があります。

本機へのグリスアップは「3000時間に1度、20ポンプ程」が基準となります。

グリス注入口は下記の部分にあります。


※赤いプレートの取り外す。六角レンチが必要です。




本機の取り扱いや価格、納期等お気軽にお問い合わせください。





建機開発/販売 よくある質問一覧