建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

日立建機ZX125W-6にチルトローテーターX18の取り付け・セッティング

2020年5月14日
北海道で、油圧ショベルHITACHI(日立建機)ZX125W-6に「チルトローテーター X18」の取り付け・セッティング作業を行ってきました。

HITACHI(日立建機)ZX125W-6 同機種への取り付け・セッティング作業は3台目となります。
公道を自走できるポクレン仕様のZX125W-6は、短期の現場が多い会社や国道や都府県道など管理路線を持つ道路維持業者に人気の機種です。

当社のお客様の中には補助率3分の2(補助上限額1,000万円)の「ものづくり補助金」を活用し、「チルトローテーター X18」を導入されたユーザー様もおります。以前までとは違い採択率高く、昨年は申請業者約半数となっているようです。この機会にご利用を考えてみるのも良いかと思います。
詳細HP:全国中小企業団体中央会 ものづくの補助事業総合サイト、相談窓口:ものづくり補助金事務局サポートセンター 電話050-8880-4053


取付機種 : HITACHI(日立建機)ZX125W-6



【納品内容】

・チルトローテーターX18 DF/S60、Xコントロール
※標準バケットは日立建機日本様でご用意



当社のメカニックがお伺いしチルトローテーターの取付け・セッティングを行います。
作業は2日程度要します。油圧ショベルの電気回路が複雑な機種は3日要する場合もあります。


油圧ショベル純正のジョイスティックから、チルトローテーターX18専用の「Xコントロール(ジョイスティク)」に付け替え、1系統一方向(2本ホース仕様)の配管で、チルトローテーターのコントロールシステム(油圧補償比例制御)を搭載し、設定します。

これにより、全ての動作(機能)を同時に実行することが可能となります。

配管については、「チルトローテーターを油圧ショベルへ取り付け使用する際に必要な配管方法について」にてご説明しておりますので、ご参照下さい。




全ての取り付け・セッティング完了後に動作確認をお客様と一緒に行い、完了です。





『省人力化』『作業効率化』『経費節減』に貢献する油圧ショベル用アタッチメントとして、全国から多くのお問い合わせを頂いております。

ご購入以外にも、『少額で設備を導入したい』『リース料を経費で落したい』との理由から、『長期の使用となるので、リースで貸し出せないか?』などの要望もある為、利用期間等に応じて対応致しておりますのでご相談下さい。





建機開発/販売 よくある質問一覧