建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

ピン/ブッシュ/カラー製作でアタッチメント/バケット取付時のお悩み解決

2018年9月29日
アタッチメントやバケット取付の際にこんなお悩みを抱えたことはございませんか?

○シリンダーアームがブラケットに中々入らない
○アタッチメントを取付てみたら隙間が開きすぎて遊びがある


当社では、各種アタッチメントをご購入頂いたお客様が納品後すぐご使用できるようにしております。

<アタッチメント取付に欠かせない部材>

バックホウに各種アタッチメントを取り付ける際、欠かすことの出来ない部材が<ピン・ブッシュ・カラー>
弊社では、お客様からご注文を頂戴する際に必ずお伺いするのが<アタッチメントを取付される機種の情報>です。
例) メーカー:コマツ 機種:PC200-○型
※状況によりその他の情報をお伺いすることもございます。

お客様から頂戴した情報は漏れなく商品に反映させて頂きますので、先に申し上げたお悩みは事前に解決することが可能です。
具体的な解決策としましては、お客様がストレスなくアタッチメントの取付作業が行えるようアーム幅は設定の数値よりも約1mm多くとっております。

<ご注文前のブラケット>

<ご注文後にお客様のご要望に応じて設定>


例えば、適合表の設定値がアーム幅200mmであれば、実寸は200mm+1mm=201mmとしています。
これには理由があり、お客様のご使用機種の使用年数が浅い場合、適合表と全く同じ数値で設定してしまいますとブラケットに中々入らないという状況を回避するためです。

しかしながら、必ずしも1mmの余裕が必要とは限りません。
勿論、お客様ひとりひとりの好みや使いやすさ等もございますから、そのような場合にはご注文時にお伝え頂けますとお客様のご要望に応じて設定可能でございます。

ご注文やお見積りの際にご不明点はお気軽にお問合せくださいませ。
私たちスタッフが商品価格以上のご満足をお届けいたします。





建機・農機部品販売 よくある質問一覧